リフィニティブ、FX関連のグローバルサーベイを実施

2020.07.20作成

2020.07.20更新

安定したスプレッドと流動性アクセスが最も大きな課題と判明

金融情報会社Refinitiv(本社:5 Canada Square London E14 5AQ United Kingdom[1])【以下、リフィニティブと称す】は、1,000名以上のトレーダーが回答したFX関連のグローバルサーベイを実施し、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックやロックダウンの開始以降、安定したスプレッドと流動性アクセスの確保が最も大きな課題であると公表した。[2]

同調査によると、FX取引における最も大きな課題として、回答者の内50%はスプレッドを挙げ、それに続き24%が流動性アクセスとする一方で、14%が特段問題はないと回答したという。顧客属性別に見ると、ヘッジファンドは68%、銀行は57%がスプレッドを課題として挙げているが、法人は35%に留まった。また銀行は31%が流動性アクセスを課題としている一方で、他の顧客属性においては、より小さな割合であったという。

取引執行手法に関しては、リフィニティブの取引プラットフォームであるFXallなどを通じたStreaming risk transferが65%と最も選好されており、それに続いてRefinitiv MatchingのPrimary Market Executionが24%を占めているとのことだ。顧客属性別に見ると、多くの銀行が最も信頼のおける執行スキームとしてPrimary Market Executionを活用する一方で、法人及びアセットマネージャーの内70%はStreaming risk transferを利用しているという。またオフィスワークから在宅勤務へのシフトに際し、回答者の30%が同僚とのコミュニケーションを最も大きな課題として挙げている中、従来からのボイストレードと比較して、電子取引の重要性が高まっている模様だ。

FXサーベイ結果の公表に際し、リフィニティブのトランザクションセールス部門グローバルヘッドを務めるJim Kwiatkowski氏は以下のようにコメントしている。

新型コロナウイルス危機の中、ボラティリティの拡大を受けスプレッドもワイド化したことにより、お客様の取引余力に対して懸念が高まりました。但し、アグリゲーション(流動性集約)ツールを活用し、最高水準のプライシングを提供することで、少なくとも一部の市場においてはこの問題が解消されております。困難な市場環境下において、お客様は充実したプライシングと高い約定力を求めている中、Refinitiv Matchingを通じて流動性を確保するニーズが大きく拡大しております。またトレーダーはブッキングエラーリスクの減少やコンプライアンス遵守のため、ボイストレードやアルゴリズム取引ワークフローの自動化を図るツールを活用している状況です。

Jim Kwiatkowski, Global Head of Transaction Sales at Refinitiv - LeapRateより引用

今回のサーベイ結果を受け、リフィニティブが顧客基盤の維持・拡大に向けて、今後如何なるソリューションを提供するか注目したい。

official release 2020.07.20

出典元:

ニュースコメント

コロナショックを受け、安定性と信頼性の高い取引サービスへの需要が拡大

リフィニティブのグローバルサーベイにおいて、安定したスプレッドの確保と豊富な流動性へのアクセスを可能にするソリューションに対し、改めて利用ニーズの高さが示された格好だ。金融サービスプロバイダー各社も顧客需要に対応すべく、関連ソリューションの強化を図っている。例えば、FXCM ProがTradesocioと提携し、Tradesocioの顧客に対して機関投資家向けの豊富な流動性などを提供する意向だ。リフィニティブはスプレッドデータ分析機能を提供し、複数の業者が提示するスプレッド比較を可能としている。またFXSpotStreamがソシエテジェネラルと提携し、合計15社の流動性供給サービスへアクセスを実現させている。新型コロナウイルス動向に目を転じると、世界各国で感染の第2波へ懸念が高まっている状況である。新型コロナウイルス関連のヘッドラインに一喜一憂する不安定な相場展開となる中、引き続き市場参加者は安定性と信頼性の高い取引サービスの提供を求めているようだ。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。