ニューヨーク証券取引所、トレーディングフロアを一時閉鎖

2020.03.20作成

2020.05.13更新

ニューヨーク証券取引所、トレーディングフロアを一時閉鎖

Nasdaq

マーケット情報

3月23日(月)より電子取引へ全面切り替え

グローバル証券取引所や清算機構などを運営するIntercontinental Exchange, Inc.(ICE)傘下のNew York Stock Exchange(NYSE, 本社:11 Wall Street New York, NY 10005[1])【以下、ニューヨーク証券取引所と称す】は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、一時的にトレーディングフロアを閉鎖し、3月23日(月)より電子取引へ全面的に切り替える決断を下した。[2]

ニューヨーク証券取引所によると、この決定はニューヨークのNYSEアメリカン(NYSE American)や、サンフランシスコのNYSEアーカ(NYSE Arca)にも適用されるとのことだ。既にCME Groupとナスダック(Nasdaq)はトレーディングフロアを閉鎖しており、電子取引システムへの切り替えを行っている。尚、主要取引所のトレーディングフロアが閉鎖されるのは2001年9月以来だという。

ニューヨーク証券取引所は3月9日の週、トレーディングフロアの閉鎖を決断しかねていたものの、トレーダーと同社職員に対して新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを受け、電子取引への切り替えを行ったという流れだ。更に、フロアへの見学者やオープニング・クロージングベルを鳴らす企業経営陣、及びVIPも立ち入ることが禁止されている。尚、同取引所はトレーディングフロアの再開日は決めておらず、電子取引システムにおける取引量の増加によるボラティリティの急上昇が予想されている模様だ。

トレーディングフロアの閉鎖に際し、ニューヨーク証券取引所の社長であるStacey Cunningham氏は以下のようにコメントしている。

我が取引所が誇るトレーディングフロアは、発行体と投資家に対してユニークな付加価値を提供してきましたが、全ての市場参加者にサービスを提供すべく、全面的に電子取引への切り替えを行います。我々はトレーディングフロアが再開するまで電子取引サービスのみ続ける意向であります。トレーディングフロアの閉鎖という予防策を講じましたが、通常時間通りに我が取引所の全ての市場が開き、投資家が取引できると確信しております。

Stacey Cunningham, president of the New York Stock Exchange - ICEより引用

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、グローバル当局及び各国金融機関が急ピッチで対応策をまとめているが、ボラティリティの高まりを背景に、トレーダーは引き続き資金管理を徹底させる必要がありそうだ。

official release 2020.03.20

出典元:

ニュースコメント

新型コロナウイルス動向を巡り混乱する金融市場

ニューヨーク証券取引所が閉鎖されるのは稀なことであり、2012年に発生したハリケーン・サンディ(Sandy)による災害以来だという。同取引所が電子取引への全面切り替えを決断したのは、パンデミックと評される新型コロナウイルスの感染が米国中に拡大するなか、複数の企業が在宅勤務をすることを決めた後になる。225年以上の歴史と伝統を誇り、世界を代表する証券取引所が苦渋の選択を迫られたのであろう。新型コロナウイルス動向を巡り、ニューヨーク証券取引所では連日にわたりサーキットブレーカーが発動し取引が停止され、グローバル株式やFX、コモディティなど様々なアセットクラスが下落しており、多くの投資家がドルへの換金を急いでいる模様である。米国のみならず欧州では、ESMAがネットショートポジションの報告を要請したほか、ESMAがTRVレポートを公表するなど、規制当局が積極的に金融市場の安定化に向けた策を講じている状況だ。他方で、INTLがGAINを買収するなど、トレーディング業界においては再編がにわかに進んでいる。新型コロナウイルス動向に加え、規制強化や業界再編など市場環境が目まぐるしく変化しており、海外FXブローカー各社は柔軟な経営姿勢が求められそうだ。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。