FCA、当局規制がCFDプロバイダーに与える影響に関するレポートを公表

2020.01.20作成

2020.05.13更新

FCA、当局規制がCFDプロバイダーに与える影響に関するレポートを公表

ESMA

マーケット情報

純利益は約6.7%減少する見通し

英国の金融監督当局である英国金融行動監視機構(Financial Conduct Authority)【以下、FCAと称す】は1月16日、当局の規制が英国を拠点とするCFDプロバイダーに与える影響に関する評価レポートを公表した。[1]

FCAは2019年から2021年までに、英国で個人投資家に対しCFD取引サービスを提供する企業の利益が、約3,850万ポンドから最大5,530万ポンド減少すると見込んでいる。この予想は、欧州証券市場監督局(The European Securities and Markets Authority)【以下、ESMAと称す】がCFD規制策を導入した前後に、英国を拠点とするCFDプロバイダー2社の業績動向を基に算出したとのことだ。両社の企業名は明らかにされていないものの、この2社については、預かり資産ベースで英国CFD業界の43%を占めるという。両社は2021年までの3年間に、年平均1,700ポンドほどの利益が減少し、これは純利益が約6.7%減少するとのことだ。

FCAはCFDプロバイダー各社に対し、金融商品のボラティリティに応じて最大レバレッジを2倍から30倍に制限するほか、ゼロカットシステムの適用や、リスク警告の表示などの規制策を導入した。また、ESMAが規制対象から除外している証券化商品(CFD-Like Options)も対象とすることに加え、一部の国債を裏付けとするCFDのレバレッジを制限するなど、より厳格な規制を敷いている。

一方でFCAは、ESMAとほぼ同様の規制策を導入していることから、CFDプロバイダーにとって、FCAの規制策への対応コストはほとんど生じていないという。FCAが行った費用対効果分析の結果、いくつかのCFDプロバイダーが指摘するような、ウェブページのトップにリスク警告を掲載するための追加負担費用はなく、むしろ費用よりも効果の方が大きいとコメントしている。FCAは、CFDプロバイダーの業績が弱含みと予想していることから、今後発表されるCFDプロバイダー各社の取引動向を見守る必要がありそうだ。

official release 2020.01.20

出典元:

ニュースコメント

顧客基盤の維持・拡大に打って出る英国拠点の金融サービスプロバイダー

英下院が1月9日、ボリス・ジョンソン首相とEU(欧州連合)が取りまとめたブレグジット案を賛成多数で可決したことで、1月末に英国がEUから離脱することが固まった。グローバル金融サービスプロバイダーは、ブレグジット後も、継続的で安定感のあるサービスを提供する体制の構築をアピールすることで、顧客基盤の維持・拡大を模索している状況だ。また、英国を拠点とする企業による顧客サービス強化の動きも活発化しており、ATFXがMT5をリリース予定であるほか、FxProはマクラーレンと契約延長を締結し、グローバル認知度の向上を図っている。また、レボリュートはVISAとの提携強化と人員拡大を発表し、新たに日本を含む24市場への進出を模索している。英国がブレグジット後も一定のプレゼンスを維持すると予想し、同国への進出を決めたフィンテック企業も出てきているため、トレーダーにとって投資の選択肢が増し、より快適な取引環境が整備されることを期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。