ETC、英Aquis ExchangeにビットコインETPを上場

2021.06.03作成

2021.06.03更新

ETC、英Aquis ExchangeにビットコインETPを上場

ビットコイン

仮想通貨ニュース

英国初の多目的取引施設で取引可能な仮想通貨ETPを実現

仮想通貨(暗号資産)関連の投資商品を開発するETC Group【以下、ETCと称す】は、同社のETC Group Physical Bitcoin【以下、BTCEと称す】と呼ばれるビットコインETP(上場取引型金融商品)が英国のAquis Exchange【以下、Aquisと称す】を通じて取引可能になると発表した。[1]

ETCは既に、ドイツ証券取引所(Deutsche Börse)のXetra(クセトラ)およびスイス証券取引所(SIX Swiss Exchange, SIX)にBTCEを上場していたが、今回、英国で初めて多目的取引施設(Multilateral Trading Facilities, MTF)で取引可能な仮想通貨ETPとして同商品を上場することを決定したという。BTCEは世界クラスの指定参加者(Authorized Participant, AP)およびマーケットメーカー(Market Maker)のネットワークによってサポートされており、適格投資家に高い流動性とタイトなスプレッドを提供することを保証している。BTCEの取引は英ポンドおよびスイスフラン、ユーロ、米ドルに対応し、唯一の中央清算機関であるSIX x-clearによって決済される見通しだ。

ETCのCEOであるブラッドリー・デューク氏は、同社の投資商品に関して次のように述べた。

多くの投資家が、BTCEのような安全な仮想通貨ETPをポートフォリオに組み込むことがインフレに対する効果的なヘッジになると考えています。ETCは100%物理的に裏付けされた仮想通貨ETPを通じてビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)、ライトコイン(Litecoin)に対するエクスポージャーを取ることを可能にしています。仮想通貨に対する機関投資家の需要が世界中で高まりを見せる中、我が社のフラッグシップ商品をAquisに上場することは論理的な行動だと言えるでしょう。

Bradley Duke, CEO of ETC Group - Aquis Exchangeより引用

一方、AquisのCEOであるアラスデア・ヘインズ氏は次のようにコメントしている。

投資家は仮想通貨を正式な資産クラスとして受け入れ、バランスの取れた投資ポートフォリオの中に組み込もうとしています。Aquisにはイノベーションの歴史があり、我が社はこれらの資産に対する顧客の要求に敏感に反応して、トレーダーが流動的かつ規制された環境下で仮想通貨にアクセスできるよう試みています。

Alasdair Haynes, CEO of Aquis Exchange - Aquis Exchangeより引用

ETCの調査によると、欧州における適格投資家の53%はETPを用いてビットコインを取引することを好み、Aquisを通じてBTCEが取引できるようになることで投資家へのリーチが拡大する可能性があるという。欧州で最も人気のビットコインETPであるBTCEは、2021年第1四半期だけで4億5,966万ドルの資金流入を記録し、日間取引高は競合のほぼ2倍の約5,115万ドルに達しているが、Aquisに上場されたことでどのような成果を上げるのか、今後もETCの取り組みを見守っていきたい。

release date 2021.06.03

出典元:

ニュースコメント

仮想通貨の取引チャネルが拡大する欧州

欧州では金融機関による仮想通貨市場参入が活発になってきており、仮想通貨の取引チャネルが拡大しているようだ。最近では、欧州経済地域(EEA)に事業を展開するチャレンジャーバンク(銀行業務ライセンスを取得し、既存銀行と同様のサービスを全てモバイルアプリ上で提供する企業)のレボリュートが4種類の仮想通貨の取り扱いを開始するなど、仮想通貨関連サービスを拡充している。その他、スイスの大手銀行であるデューカスコピーが仮想通貨取引サービスを統合するためにSwiss Crypto Exchangeと提携したの加え、デューカスコピーはイーサリアムによる入出金サービスを開始しており、競合他社をリードする形で仮想通貨への対応を強化しているという。今年に入ってから仮想通貨市場は時価総額が2兆ドルに初めて到達したが、この仮想通貨のトレンドはどこまで拡大していくのか、今後も欧州各国での動きに注目していきたい。

Zero(ゼロ)
筆者:Zero(ゼロ)
著者詳細

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。金融ライターとして独立後は、仮想通貨およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨(暗号資産)に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。