テスラ、ビットコイン決済を受付開始

2021.03.26作成

2021.03.26更新

テスラ、ビットコイン決済を受付開始

ビットコイン

仮想通貨ニュース

年内に米国外でも対応する方針

電気自動車メーカーのテスラ(Tesla)は3月24日、ビットコイン(Bitcoin)を利用した同社製品の支払い受付を開始した。当初は米国内の購入者に限定したサービスとなるが、年内に米国外でも対応するという。

テスラのCEOを務めるElon Musk氏が、ビットコインを用いてテスラ車を購入できるようになったとツイートした他、支払われたビットコインは法定通貨に換金せず保持し続ける旨を明らかにした。[1]

テスラのビットコイン決済に関する規約を確認すると、顧客がビットコイン決済を選択した場合、米ドル建て価格と同等の価値を持つビットコインの支払金額が表示されるという。[2]但し、一定時間内に同社が指定したデジタルウォレットアドレス(ビットコインアドレス)へビットコインを送付しなければ取引は失効し、新たな支払金額に基づき取引をやり直す必要があるとのことだ。また、ビットコインの支払金額は小数点以下8桁の数字になる場合があり、正確な金額を入力するよう求めている。尚、テスラはビットコイン価格が変動することに注意を呼び掛けているが、ビットコイン決済に伴うデジタル資産の紛失などに関して責任を負わないという。

自動車業界においては、テスラがビットコイン決済を始める初の企業となる模様であるが、同社でビットコイン決済の利用が進むのか、その動向を見守りたい。

release date 2021.03.26

出典元:

ニュースコメント

決済手段として定着するか注目されるビットコイン

ビットコインを始めとする仮想通貨(暗号資産)市場が急速に発展する中、多くの企業が取引需要の取り込みを模索している。直近では、コインベースがアルトコイン上場を発表し、商品ラインナップの拡充を推し進めている。また、ロビンフッドはキャッシュボーナスキャンペーンを開催しており、更なる顧客基盤の拡大に向けて仮想通貨関連サービスを強化している。更に、足元では仮想通貨利活用の裾野が拡大している状況だ。今回、テスラが自社製品に対してビットコイン決済への対応を開始した他、BottlepayがTwitterでビットコインを送受信できる機能をローンチした。また、Twitterはビットコインで従業員やベンダーへの支払いを行うべく、ビットコインに投資する可能性を明らかにしている。一方、米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は、価格変動が大きい仮想通貨は決済手段として活用できないとして悲観的な見方を示している。ビットコイン価格のボラティリティの高さが懸念される中、ビットコインを活用した決済が普及していくのか注目したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨(暗号資産)に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。