AWS、Amazon Managed Blockchainによるイーサリアムのサポートを開始

2021.03.04作成

2021.03.25更新

AWS、Amazon Managed Blockchainによるイーサリアムのサポートを開始

Ethereum

仮想通貨ニュース

開発者ベースを拡大させエコシステムに好影響を与える可能性

AmazonのクラウドサービスであるAWS(Amazon Web Service)が、フルマネージド型のブロックチェーンサービス、Amazon Managed Blockchainでイーサリアム(Ethereum)のサポートを開始したことが明らかになった。[1]

これによりAWSユーザーはイーサリアムノードを簡単に立ち上げ、同ブロックチェーンのメインネットおよびRinkebyやRopstenなどのテストネットに接続できるようになった。その上でAmazon Managed Blockchainは、安全なネットワーキングや暗号化、イーサリアムAPIを介したネットワークへのアクセス、高速で信頼性の高い同期、台帳データのストレージ機能などを提供するという。その他、Amazon Managed Blockchainはエンタープライズアプリ向けのハイパーレッジャーファブリック(Hyperledger Fabric)などもサポートしているようだ。

Etherscanによると、現在、イーサリアムネットワーク上には8,300を超えるノードが存在しており、台帳のコンセンサスやトランザクションの整合性、セキュリティを保つのに貢献しているという。今回、Amazon Managed Blockchainがイーサリアムをサポートしたことから、これらノードが地理的および体系的に分散され、同ブロックチェーンのシステムを強化する可能性があると考えられている。このAWSの発表に関してInfuraの製品責任者であるMike Godsey氏は、開発者ベースを拡大させ、エコシステム全体に好影響を与えるとコメントした。

最近、イーサリアムはETH2.0のステーキング契約が6億ドルを突破するなど、投資対象の仮想通貨(暗号資産)として人気が高まってきているが、このAWSの試みがどのような変化をもたらすのか、今後も仮想通貨市場での展開を見守っていきたい。

official release 2021.03.04

出典元:

ニュースコメント

仮想通貨市場で存在感を発揮するイーサリアム

昨年末、ビットコイン価格が史上最高値を更新して以来、仮想通貨市場では同仮想通貨に対する注目が高まっているが、その影でイーサリアムが存在感を発揮し始めている。最近では大手仮想通貨取引所のバイナンスがイーサリアム向けマイニングプールの立ち上げを発表するなど、同仮想通貨を対象としたサービスも拡大しているという。その他、イーサリアムはDeFi(分散型金融)プラットフォームとして高い評価を受け、同ブロックチェーン上では数多くのDeFiプロジェクトがローンチされている。このような背景からイーサリアムは基軸通貨としての価値を持ち始めており、異なるERC-20トークンの取引を成立させるための橋渡し的な存在として重宝されているようだ。競合となるポルカドット(Polkadot)なども勢力を拡大しているようだが、イーサリアムを取り巻く環境はどのように変化していくのか、今後も仮想通貨市場の動向に注目していきたい。

Zero(ゼロ)
筆者:Zero(ゼロ)
著者詳細

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。金融ライターとして独立後は、仮想通貨およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨(暗号資産)に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。