ビットコイン価格、1万2,000ドルを割る水準にまで急落

2020.08.20作成

2020.09.15更新

ビットコイン価格、1万2,000ドルを割る水準にまで急落

Ethereum, ビットコイン

仮想通貨ニュース

弱気な兆候を示すも抵抗線を超えて上昇に転じる可能性

今月17日、ビットコイン(BTC/USD)価格は今年の高値を更新した後、過去24時間で2.8%下落して一時的に1万1,825ドルの安値を記録した。[1]

現在、ビットコイン価格は10日移動平均線および50日移動平均線を下回り、弱気相場の兆候を示しているものの、1万2,000ドル程度まで回復してきている。このビットコイン価格の乱高下を受け、仮想通貨デリバティブ取引所であるBitMEXでは、1,000万ドルのショートポジションおよび670万ドルのロングポジションが強制的に精算されたという。

Efficient FrontierのAndrew Tu氏を含む多くのトレーダーは、1万2,000ドルラインが主要な抵抗線であったと考えており、同氏はそれを突破したビットコイン価格が1万3,000ドルおよび1万4,000ドルの次なる抵抗線を目指す可能性があると説明している。また、Tu氏はビットコイン価格が強気なトレンドに乗れば、個人投資家や機関投資家の参入が加速し、更なる上昇が望めるとコメントした。実際に新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で世界経済が大きく後退する中、米ドルの資産価値が低下していることを背景に、人々は新しい投資先として仮想通貨市場に期待しているようだ。

今月に入ってビットコイン先物の未決済建玉が過去最高値を記録するなど、仮想通貨市場では投資家の取引が活発になってきている。その他の主要な仮想通貨ではベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token)が13.9%、ネム(NEM)が4.5%の上昇を見せると同時に、Chainlinkがマイナス13.6%、ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)がマイナス7.6%、テゾス(Tezos)がマイナス5.4%と大幅な下落を記録した。仮想通貨市場ではボラティリティが拡大してきている様子がうかがえるが、今後どのように偏移していくのか、展開を見守っていきたい。

official release 2020.08.20

出典元:

ニュースコメント

ビットコインの陰で影響力を増すイーサリアム

ビットコインに注目が集まる中、仮想通貨市場で第2位の時価総額を誇るイーサリアム(Ethereum)は順調にエコシステムを拡大しており、その影響力を増してきているという。最近では、分散型取引所(DEX)のUniswap V2が過去1カ月間で700万ドルを超える手数料を稼ぎ出すなど、イーサリアムブロックチェーンの利用を活性化させている。また、外部での動きとしてはOKExがイーサリアムオプションの提供を開始したことが象徴するように、主要な仮想通貨取引所が同仮想通貨を対象としたデリバティブ商品を開発して取引量の増加に貢献しているようだ。このイーサリアムの成長に関して、Cryptanalysis CapitalのGeorge Clayton氏は驚きに値すると評価している。イーサリアムは次期ハードフォークを延期するなど、開発面での課題を抱えているが、この成長を持続させることができるのか、今後も同仮想通貨の躍進に期待したい。

Zero(ゼロ)
筆者:Zero(ゼロ)
著者詳細

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。金融ライターとして独立後は、仮想通貨およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。