ビットコイン価格、1万ドルの大台を超えて10月以来の高値更新

2020.02.11作成

2020.09.15更新

ビットコイン価格、1万ドルの大台を超えて10月以来の高値更新

ビットコイン

仮想通貨ニュース

年初から上昇トレンドが続くも占有率は最低水準に落ち込む

今月8日、ビットコイン(BTC/USD)価格は、大台の1万ドルを超えて最高1万176ドルを記録し、2019年10月26日以来の高値を更新した。[1]

現在、ビットコイン価格は、1万130ドル付近まで後退しているが、24時間ベースで3%増となる水準を維持している。Adaptive Capitalの共同経営社であるWilly Woo氏によると、ビットコイン価格が1万ドルを超えた事実は、ファンダメンタルズの改善が継続していることを意味するという。また、今回の高騰でビットコイン価格は、昨年12月中旬に観測された6,425ドルの安値から3,500ドル以上の上昇を達成すると同時に、年初からは41%増となる上げ幅を記録した。

しかしながら、仮想通貨市場全体を見ると、ビットコインの占有率はここ7カ月で最低となる64%まで低下しており、アルトコインが優勢になりつつある様子がうかがえる。例えば、イーサリアム(Ethereum)は、現在、過去最高の230ドル付近で取引されており、年初から78%の価格上昇を示している。これに加え、ライトコイン(Litecoin)やバイナンスコイン(Binance Coin)などの人気仮想通貨は70%から90%、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は120%、ビットコインSV(Bitcoin SV)は250%増となる値動きを見せているという。

最近では、プロモーション活動として、ビットコインのライトニング・トーチが38カ国以上に波及するなど、同ブロックチェーンにおける新しいテクノロジーの利用が活発になっているようだ。今年5月にビットコインは半減期を控えているため、更なる価格上昇への期待が高まっているが、どのような値動きを見せるのか、今後もその動向を見守っていきたい。

official release 2020.02.11

出典元:

ニュースコメント

主要アルトコインの占有率が高まる可能性

ビットコインが登場して以来、様々なブロックチェーンプロジェクトが仮想通貨を発行しており、仮想通貨市場全体の発展に貢献すると共に、市場シェア獲得に向けて激しい争いを繰り広げている。特にビットコイン価格が大底から1万ドルに接近した2018年5月頃には、アルトコインが仮想通貨市場を牽引し、同仮想通貨の占有率を36%にまで押し下げてるほど活発な動きを見せていた。その後ビットコインの占有率は、価格上昇に伴って回復しつつあるものの、時価総額第2位のイーサリアムが今年中のETH2.0立ち上げを公言するなど、再び主要なアルトコインを中心に、その勢いが盛り返す可能性も十分にあると言えるだろう。それに加え、先日、大手仮想通貨デリバティブ取引所のBakktが仮想通貨関連商品の拡大を示唆しているが、年初から好調な仮想通貨市場はどのような反応を示すのか、今後もその展開に注目していきたい。

Zero(ゼロ)
筆者:Zero(ゼロ)
著者詳細

米大学で出会った金融学に夢中になり、最終的にMBAを取得。大手総合電機メーカーで金融ソリューションの海外展開を担当し、業界に深く携わる。金融ライターとして独立後は、仮想通貨およびブロックチェーン、フィンテック、株式市場などに関する記事を中心に毎年500本以上執筆。投資のヒントになり得る国内外の最新動向をお届けします。

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。