Exclusive Markets、トレーディングセントラルと提携

2021.07.21作成

2021.07.21更新

Exclusive Markets、トレーディングセントラルと提携

ソリューション

FX業者 (ブローカー)

投資意思決定の効率化をサポート

Exclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)ブランドを運営するExclusive Markets Ltd【以下、Exclusive Marketsと称す】は、投資関連リサーチ情報の提供を行うフィンテック企業であるTrading Central【以下、トレーディングセントラルと称す】とパートナーシップ契約を締結したことを発表した。[1]

今回の提携を通じ、ユーザーはExclusive Marketsのウェブサイトやクライアントポータルからトレーディングセントラルにアクセスし、テクニカル分析を用いて取引するトレーダーに最も利用されている機能の一つである「トレードプランの策定(Featured Idea)」など、7つの機能を無料で利用できるようになった。また7つの機能の内、値動きパターンを識別して投資アイデアを提供する「トレードプランの策定」と、著名なマーケットアナリストによる市場分析機能である「マーケットアナリスト市況分析」、経済市況を一覧表示した「経済市況カレンダー&インサイト」、MetaTrader4【以下、MT4と称す】/MetaTrader5【以下、MT5と称す】上で作動するインジケーターやEA(自動売買システム)を利用できる「アルファ・ジェネレーション」に関しては、日本語に対応している。その他、ユーザーのペースで学習できる「オンデマンド・エデュケーション」や有益情報が満載な「ストラテジーニュースレター」、「トレーディングセントラルTV」に関しては、英語のみでの提供になるという。

1999年に設立されたトレーディングセントラルは、FXや株式、コモディティなどの8,000種類のアセットをカバーし、AI分析や経験豊富なシニアアナリストによるテクニカル・ファンダメンタルズ情報を提供するリサーチ会社だ。ユーザーにとっては、トレーディングセントラルを活用することで、トレンドやローソク足パターンなどを自動検出し、投資意思決定の効率化を図れるという。また、同社の機能はSpotwareの主力製品であるcTraderウェブ版と機能を統合するなど、利便性が増している。尚、現状トレーディングセントラルを導入する海外FXブローカーは限定的ではあるが、直近で100種類以上の株式CFDを追加したFxProや、老舗ブローカーのFXDD(エフエックス DD)などでも利用できる。

Exclusive Marketsはセーシェルの金融サービス局(Financial Services Authority, FSA)の規制下において、2020年12月に日本人受け入れを開始したばかりの新鋭海外FXブローカーだ。同社は最安水準となる取引コスト(スプレッドと取引手数料の合計)や、MT4用のインジケーターやEAを無料でMT5向けに変換する独自サービスの提供などを通じ、急速に注目を集めている。また、Exclusive MarketsはNDD方式を採用した透明性の高い注文執行に加え、スキャルピングやEA、両建てなどの取引制限がないことも特徴として挙げられる。

Exclusive Marketsはトレーディングセントラルとパートナーシップを締結し、提携ブローカーしか利用できない様々な機能を提供することで、更なる顧客満足度の向上が期待できそうだ。

release date 2021.07.21

出典元:

ニュースコメント

トレーディングエクスペリエンスの向上が進むExclusive Markets

日本市場の開拓にコミットするExclusive Marketsは、トレーディングエクスペリエンスの向上に向けた取り組みを矢継ぎ早に打ち出している。例えば、日本でスプレッド競争が激化する中、7月1日よりExclusive Marketsは取引コストを削減した他、100%入金ボーナスがプロフェッショナル口座でも利用できるようになった。更に、Exclusive Marketsは日本語字幕付き動画の配信を開始した他、日本語チャットサービスの再開や質問集ページのアップグレードなど、日本人ユーザーを意識した様々な取り組みを推進している状況だ。加えて、ドル/円(USD/JPY)やユーロ/ドル(EUR/USD)、ポンド/ドル(GBP/USD)といった主要通貨ペアに関して、同社のエクスクルーシブ口座は、Exness(エクスネス)のプロ口座と同程度の狭いスプレッド(取引手数料をスプレッドに換算)を提供している。ネックとなる250万円の初回最低入金額については、2021年6月14日~9月14日までの期間において、当社(FXplus)とタイアップした優遇キャンペーンを活用することで免除される。Exclusive Marketsが利便性向上に繋がる様々なソリューションを講じる中、日本人ユーザーによる取引が更に活性化することに期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨(暗号資産)に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。