FxPro、100種類以上の個別株CFDを追加

2021.07.16作成

2021.07.16更新

FxPro、100種類以上の個別株CFDを追加

FxPro

FX業者 (ブローカー)

競争力のあるスプレッドと豊富な流動性、高速約定を提供

英国・ロンドンを拠点とする海外FXブローカーであるFxPro(エフエックスプロ)は、新たに100種類以上の個別株CFDを追加したことを発表した。[1]

FxProは、クラウドホスティング企業のDigitalOcean(デジタルオーシャン)や、イェール大学やGoogleなどがプロデュースしたコースをオンライン教育サービスとして提供するCoursera(コーセラ)など、投資家の間で最も人気の高い米国個別株式に加え、英国やドイツ、フランスの個別銘柄も新たに取り扱いを開始した。ユーザーは、FxProのモバイルアプリや同社独自プラットフォームであるFxPro EDGE、MetaTrader4【以下、MT4と称す】上で、今回新たに追加した個別株CFDを取引できるという。FxProはNDD方式や高度なプライシングモデルを通じ、競争力のあるスプレッドと豊富な流動性、超高速な執行サービスを提供していく方針だ。尚、同社は6月9日に38種類の個別株CFDと13種類の仮想通貨(暗号資産)を追加しており、積極的に商品力の強化を図っている。

2006年に創業したFxProは、世界170か国を超える国々でサービス展開しており、190万弱の顧客口座数を誇る欧州の大手海外FXブローカーだ。同社は70種類ものFX通貨ペアを始め、個別株、インデックス、コモディティ、仮想通貨といった幅広い商品を取り揃えており、ユーザーは通貨強弱や市況に合わせて柔軟に取引できる。また、執行面に関しては、完全なNDD方式に加え、Equinix(エクイニクス)のデータセンターを活用することで、超低レイテンシーと0.014秒以下の高速約定を実現している。取引ツールはFxPro EDGEやMT4に加え、MetaTrader5(MT5)、cTraderを提供しており、これら取引プラットフォームに対応した多彩な口座タイプも用意している。

直近では、Global Forex AwardsにてFxProは3つの賞にノミネートされるなど、更にブランド力を高めている状況だ。FxProを利用する日本人トレーダーは限定的ではあるが、日本においては、キプロス証券取引委員会(Cyprus Securities and Exchange Commission, CySEC)ライセンスを保有するFxPro Financial Services Limitedと、バハマ証券委員会(Securities Commission of the Bahamas, SCB)ライセンスを保有するFxPro Global Markets Limitedという2つの運営会社がサービスを提供している。口座開設の際はいずれかの運営会社を選択できるが、より高いレバレッジである最大200倍を提供するFxPro Global Markets Limitedを利用するユーザーが多いという。

FxProは人気高まる米個別株などのラインナップを拡充することで、更なる顧客基盤の拡大が期待できそうだ。

release date 2021.07.16

出典元:

ニュースコメント

欧米株式市場はゴルディロックス相場の様相

足元の欧米株式市場は、ゴルディロックス相場(適温相場)のような相場展開になりつつある。ゴルディロックスは英国の童話に由来しており、経済が過熱せず冷めすぎない心地よい状態を指す。欧米では新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックからの景気回復が続く一方、早期のテーパリング(量的緩和の縮小)観測が後退している。緩やかな景気成長と低金利が併存する中、欧米株式市場は良好な値動きとなっている状況だ。実際に、米国の主要3指数が揃って史上最高値を更新する展開となる他、欧州を代表する株価指数であるストックス欧州600(STOXX)や、ドイツのDAXなども過去最高値圏で推移している。このような中、FxPro以外にも複数の海外FXブローカーが、株式関連サービスの強化を図っている。例えば、最大レバレッジ3,000倍を提供するFBSはMT5上に個別株CFDを追加した他、高い約定力を武器とするTitan FXは米国株式CFD取引サービスの提供を開始した。欧米株式が良好な展開となる中、多くの海外FXブローカーが株式関連ソリューションを強化することで、さらに市場が活性化することに期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨(暗号資産)に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。