Forex Expoドバイ、9月29日と30日に開催

2021.07.02作成

2021.07.02更新

Forex Expoドバイ、9月29日と30日に開催

XM

FX業者 (ブローカー)

XMやExnessなどがダイヤモンドスポンサーとして参画

中東・北アフリカ(Middle East and North Africa)【以下、MENAと称す】地域最大のFXエキスポであるForex Expo Dubai 2021【以下、Forex Expoドバイと称す】が、2021年9月29日、30日の2日間の日程で、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ・ワールド・トレード・センター(Dubai World Trade Centre, DWTC)で開催される。[1]

4回目の開催となるForex Expoドバイは、新型コロナウイルス(COVID-19)対策となる安全面のグローバルスタンダードを遵守したエキスポであり、有力オンライントレーディング会社や金融サービスプロバイダーなど、世界各国から200社以上の企業が集結する見通しだ。参加企業はFXや株式、コモディティ、貴金属、CFD取引分野において革新的な製品やサービスを紹介する予定である。

今回のForex Expoドバイでは、キプロスを拠点にXMブランドを運営するTrading Point Group【以下、XMと称す】や、良好な業績推移となるExnessなどが、最上位のスポンサーとなるダイヤモンドスポンサーとして参画する。これらのスポンサー企業は、自社のブースを出展するだけでなく、様々な金融商品の市場分析情報も提供するという。同イベントの主催者を務めるマイケル・スアン氏は、Forex Expoドバイは最高のネットワーキング機会を提供するカンファレンスとして、MENA地域のFXトレーダーや企業間で高い認知度を誇っていると言及している。

尚、Forex Expoドバイのダイヤモンドスポンサーを務めるXMは、世界各地にグループ会社を有している。日本居住者向けにサービスを提供するXMTrading(エックス エム)は、最大レバレッジ888倍やクッション機能(口座残高がゼロになってもボーナスが消滅せずに証拠金として利用できる機能)が付帯した豊富なボーナスキャンペーンが特徴として挙げられる。また、同社は毎週実施の日本語ウェビナーや、30名以上の日本人スタッフが在籍する充実した顧客サポートがユーザーから高く評価されており、海外FXブローカーとして日本人シェアNo.1を誇る。

Exness(エクスネス)も、XMと同様にグループで複数のライセンスを保有している。オフショアライセンスとしては、比較的厳しい規制を敷くセーシェルの金融サービス局(Financial Services Authority, FSA)規制下のNymstar Limited社が、日本人向けにサービスを提供している。同社は海外FXブローカーとしては唯一、無制限レバレッジを提供しており、ハイスペックなトレード環境が魅力の海外FXブローカーだ。また、Exnessは人気高まる仮想通貨(暗号資産)取引需要の取り込みを図っており、2021年4月末に仮想通貨の最大レバレッジを200倍に引き上げた。金融庁の規制によって、日本国内の仮想通貨取引所が最大レバレッジ2倍に制限される中、より資金効率を高めた取引が可能な同社の仮想通貨取引サービスは、日本人ユーザーから高い評価を得ている状況だ。

貴重な対面によるネットワーキング機会を提供するForex Expoドバイに参加するXMやExnessなどの海外FXブローカーが、更なる顧客基盤の拡大に向けて如何なるソリューションを提供するか注目したい。

release date 2021.07.02

出典元:

ニュースコメント

対面イベントの開催が進むドバイ

2021年に入り、ドバイでは対面式のネットワーキングイベントの開催が続いている。例えば、湾岸協力理事会(GCC)を構成するアラブ諸国で最大規模の金融カンファレンスであるForex Traders Summitドバイが2月に開催され、銀行や投資会社、保険、不動産会社に加え、FXや仮想通貨といったグローバル金融市場に精通したゲストが一堂に会した。Exnessが同イベントの公式スポンサーに就任する中、新型コロナウイルスの感染防止対策として、同社が導入したロボットヘルパーが大いに活躍した模様だ。また、5月には世界最大級のフィンテック業界B2BイベントであるiFX EXPOドバイが開催され、国内外から参加した多くの出席者により活発な議論や情報交換がなされたという。同イベントでは、XMやExnessに加え、トレードコンテストに注力するHotForexなどがメインスポンサーを務めた。中東の金融ハブとして機能するドバイを含むUAEは、人口100人当たりのワクチン接種率が世界トップ水準にあり、新型コロナウイルス対策が進んだ結果、複数回にわたる対面式のネットワーキング機会の提供に結び付いていると推察される。ドバイで様々な金融イベントが開催されることで、FX市場が更に発展することに今後も期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨(暗号資産)に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。