MILTON MARKETS、ヘルプセンターを導入

2021.06.04作成

2021.06.04更新

MILTON MARKETS、ヘルプセンターを導入

ソリューション

FX業者 (ブローカー)

より充実した顧客サポートを提供

MILTON MARKETS(ミルトン マーケッツ)ブランドを運営するMilton Markets Limited【以下、MILTON MARKETSと称す】は、より充実した顧客サポートを提供すべく、新たにウェブサイト上でヘルプセンターを導入した。[1]

MILTON MARKETSのヘルプセンターには、これまでの顧客からの問い合わせ内容が集約されており、ワード検索機能を活用して質問に関連した記事を閲覧することができる。「入金・出金に関して」や「お取引について」など、カテゴリー別で検索することも可能だ。また、質問内容に関連した記事を検索して確認できない場合には、問い合わせフォームよりリクエストを送信したり、ライブチャット機能を活用することができる。同社では、平日24時間体制で顧客サポートを行うという。

日本人ユーザーの開拓を試みる海外FXブローカーにとって、日本語によるきめ細かな顧客サポートは、競合他社との差別化要因となっており、各社が関連サービスの強化を図っている。中でも、MILTON MARKETSは日本語による顧客サポートに定評がある。同社のサポートデスクには10名ほどの日本人が在籍しており、メールやSNS、カスタマーポータルを通じて24時間コンタクトが可能だ。その他の海外FXブローカー動向に目を転じると、Mac版MT4/MT5をリリースしたExclusive Marketsは、日本語チャットサービスを開始した。また、海外FXブローカーとして日本人シェアNo.1を誇るXMTrading(エックス エム)は、非常に多くの日本人スタッフが在籍しており、迅速で丁寧な顧客サポート体制を構築している。更に、安定したトレード環境を提供するTitan FX(タイタン FX)も、サポートデスクに日本人が在籍し、平日24時間日本語対応のチャットサービスを利用できる他、公式ホームページは日本語に完全対応しており、「よくあるご質問」ページを活用して自ら疑問点を解決することも可能だ。

日本人向けサービスを拡充するMILTON MARKETSは、バヌアツ金融サービス委員会(Vanuatu Financial Services Commission, VFSC)のライセンスを保有し、最大レバレッジ1,000倍や低スプレッド、NDD方式を採用した高速約定などを売りとする海外FXブローカーだ。また、同社はボーナスキャンペーンに積極的であり、直近では6月7日よりMILTON MARKETSはデモコンを開始する他、当社(FXplus)独自の口座開設ボーナスなどを実施している。

MILTON MARKETSはヘルプセンターを導入することで、更なる顧客満足度の向上が期待できそうだ。

release date 2021.06.04

出典元:

ニュースコメント

独自性を打ち出す海外FXブローカーに注目

MILTON MARKETSは、優れた取引環境や充実したボーナスキャンペーンを提供している他、顧客保護の一環として独自のスリッページ保証制度を導入している。同制度は、スリッページ幅が1pips以上や約定時間が500ms以上など、いくつかの条件を満たした場合補償の対象となり、約定価格との差額分が返還されるユニークなサービスだ。スプレッド競争やキャンペーン合戦が激しさを増す中、その他の海外FXブローカーも独自性溢れるソリューションの提供を試みている。例えば、日本市場の開拓にコミットするExclusive Markets(エクスクルーシブ・マーケット)は、MetaTrader4(MT4)用のインジケーターやEA(自動売買システム)を無料でMetaTrader5(MT5)向けに変換する異色のサービスを提供している。また、業界トップレベルの日本語サポートを提供するGEMFOREX(ゲムフォレックス)では、常時275本ものEAを無料で好きなだけ使えるサービスを行っている。海外FXブローカー各社が、競合他社との差別化を図る独自ソリューションを提供することに今後も期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨(暗号資産)に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。