HotForex、リアルトレードコンテスト(4月)の結果を公表

2021.05.12作成

2021.05.12更新

HotForex、リアルトレードコンテスト(4月)の結果を公表

ソリューション

FX業者 (ブローカー)

優勝者は356.88%の利益率を達成

HotForex(ホットフォレックス)ブランドを運営する海外FX・CFDブローカーであるHF Markets(SV)Ltd【以下、HotForexと称す】は5月10日、リアルトレードコンテストである「TRADERS AWARDS」【以下、トレーダー・アワードと称す】の4月の結果を公表した。[1]

トレーダー・アワードは、毎月1日から末日までの期間において開催されており、最も利益率の高いトレーダーにはトロフィーと1,000ドルの賞金が授与される。対象者はプレミアム口座の口座残高が500ドル以上のトレーダーだが、コンテストに参加できる口座は1口座のみで、過去3ヶ月以内に受賞歴のあるトレーダーは参加できない仕組みとなっている。

今回、結果が公表された4月のトレーダー・アワードにおいては、356.88%の利益率を上げたトレーダーが賞を獲得した。同トレードコンテストは毎月開催されるため、受賞のチャンスが多い他、優勝者の利益率が1,000%以上になることはさほど多くないため、比較的入賞しやすいコンテストだと言える。2020年10月から2021年3月までの過去半年における利益率トップのトレーダーの成績を確認すると、それぞれ647.11%、905.40%、435%、241.51%、193%、218%となっている。また、HotForexは「トレーダー・アワードページ」にて、毎月トップ10の利益率を上げたトレーダーの取引手法などの特集を行う予定であり、自身の取引の参考にできそうだ。

2010年に創業したHotForexは、日本を含む世界各国で250万件以上の口座開設数を誇る大手海外FXブローカーだ。HotForexはパリ・サンジェルマンFCと提携し、同クラブのユニフォームが当たるキャンペーンや、最大3%の利息が付与される10周年記念プロモーションなど、様々なマーケティング活動を通じて顧客基盤の拡大を図っている。

HotForexはトレーダー・アワードなどの充実したマーケティングサービスを提供することで、更なる顧客取引の活性化が期待できそうだ。

release date 2021.05.12

出典元:

ニュースコメント

充実した取引分析ツールを提供するHotForex

様々なプロモーションを含む、優れたトレーディングエクスペリエンスを提供するHotForexは、充実した取引分析ツールを提供している点も特徴として挙げられる。まず取引ツールに関して、同社ではトレーダーの間で人気が高いオートチャーティスト(Autochartist)の市場分析ツールを提供している。同ツールは各種パターンやフィボナッチパターンを自動検出するため、ユーザーは効率的な投資意思決定ができる。また、分析ツールではビッグデータAIを基に、市場センチメントやボラティリティなどを分析する高機能インサイトや、FXStreetが配信するリアルタイムの市場ニュースなどを提供している。HotForexでは、500ドル相当の口座残高などの要件を満たすことで、市場分析ツールや高機能インサイトを無料で利用することが可能だ。最近では、HotForexはコインベース株式CFDの取り扱いを開始した他、HotForexはDMA方式のCFD取引を開始するなど、商品戦略の強化を図っている。同社が充実したプロモーションや取引分析ツールを提供することで、新たに追加したこれらの商品の取引拡大に繋がることに期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨(暗号資産)に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。