FBS、4月9日よりチャリティーボーナスキャンペーンを開始

2021.04.07作成

2021.04.07更新

FBS、4月9日よりチャリティーボーナスキャンペーンを開始

ソリューション

FX業者 (ブローカー)

最大4,500ドルのボーナス獲得が可能に

FBS(エフビーエス)を運営するFBS Markets Inc【以下、FBSと称す】は、2021年4月9日から5月12日までの期間において、100ドル以上の入金に応じて入金額の300%に上るボーナスを付与すると共に、スプレッドとパートナー報酬を慈善団体に寄付するチャリティーボーナスキャンペーンを開始する。[1]

ユーザーはFBSのアプリでチャリティーボーナス口座を開設することにより、このキャンペーンに参加でき、最大4,500ドルのボーナス獲得が可能だという。同社はユーザーの取引決済に伴い、Colibries Foundation(コリブリ財団)や、レッドクロスなどの慈善団体に寄付を行うとのことだ。

FBSは生活困窮者をサポートする取り組みを強化しており、2020年には10か国にわたり2万人以上の人々を支援している。また、金融業界では多くのプレーヤーが金融市場を含む様々な分野の発展に貢献すべく、寄付活動を積極化している。例えば、ベイルート爆発事故を受けて仮想通貨コミュニティが募金キャンペーンを実施した他、NBA選手がステーブルコイン関連サービスを立ち上げ、自身のチャリティーイベントで上げた収益の一部を、慈善団体のDinwiddie Family Foundationに寄付しているという。

FBSが新たにチャリティーボーナスキャンペーンを開始することで、ユーザーの取引が更に活性化することを期待したい。

release date 2021.04.07

出典元:

ニュースコメント

グローバルリーチの拡大を目指すFBS

世界190か国で1,600万人以上の顧客基盤を有するFBSは、更なる顧客リーチの拡大を目指し、グローバルマーケティング戦略を強力に推進している。2020年1月には、世界的な人気を誇るサッカークラブであるFCバルセロナ(FC Barcelona)の公式トレーディングパートナーに就任した。スポンサー料が高騰する中、同クラブとの提携を実現したことからも、更なる顧客基盤の拡大に向けたFBSの本気度がうかがえる。また、2019年10月より日本のトレーダー向けに日本円口座の提供を開始しており、最大レバレッジ3,000倍の取引はユーザーから高い人気を集めている。尚、同社は設立12周年を記念して2021年2月1日から7月1日までの期間において、総額120万ドルの豪華賞品が当たるトーナメントキャンペーンを実施中だ。直近では、FBSはブランドスタイルを刷新し、ブランディング戦略も積極化しており、更なるグローバルリーチの拡大に向けて画期的なソリューションを提供することに今後も期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨(暗号資産)に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。