OANDA、Currencycloudと提携

2021.01.29作成

2021.01.29更新

OANDA、Currencycloudと提携

OANDA

FX業者 (ブローカー)

米国企業を対象とした国際送金サービスを提供

米国の大手海外FXブローカーであるOANDA Corporation(本社:10 Times Square New York NY 10018[1])【以下、OANDAと称す】は1月27日、北米を拠点とする企業を対象とした国際送金サービスを提供すべく、B2B向けのクロスボーダーソリューションを提供するCurrencycloudとパートナーシップ契約を締結したことを発表した。[2]

OANDAが新たに開始するクロスボーダー決済サービスは、OANDA FX Paymentsと呼ばれ、同社の子会社であるOANDA Business Information and Services Inc.によって提供されるという。APIを活用した同サービスは、35通貨に対応しており、OANDAのFXデータサービスを補完するものになる。サービスを利用する企業にとっては、国際送金コストを削減することができるという。Currencycloudが決済テクノロジーを提供し、同社のパートナーであるShift Connectが顧客サポートを担うという。

新サービスの提供開始に際し、OANDAのFXデータサービス部門ヘッドを務めるLucian Lauerman氏とCurrencycloudの共同創業者兼北米部門ゼネラルマネージャーを務めるRichard Arundel氏、Shift ConnectのCEOを務めるDave Kelcher氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

世界有数の海外FXブローカーである我が社は、各企業のキャッシュフロー最適化やリスク管理、収益拡大のサポートに注力しております。そのような中、我々はShift Connect及びCurrencycloudと提携し、世界中の監査法人や税務当局、多国籍企業から信頼される最高クラスの企業向け為替ソリューションとして、OANDA FX Paymentsをリリースしたことを喜ばしく思っております。

Lucian Lauerman, Head of FX Data Services of OANDA - OANDAより引用

Shift Connectと緊密に協働し、OANDA及びFX取引を行う北米のお客様に対し、ユニークなクロスボーダー決済ソリューションを提供していきます。

Richard Arundel, Co-founder and North American General Manager of Currencycloud - OANDAより引用

我が社が市場拡大を図ると共に、Currencycloudとの提携を強化し、グローバル決済を行うOANDAのお客様に対し、独自ソリューションを提供していきます。

Dave Kelcher, CEO of Shift Connect - OANDAより引用

直近では、個人投資家向けのレバレッジ規制が導入されるオーストラリア市場において、OANDAは最大レバレッジ100倍のプロ口座をリリースするなど、積極的にサービスを拡充している。そして今回、同社はCurrencycloudと提携し、コスト削減に寄与する国際送金サービスを提供することで、更なる顧客基盤の拡大が期待できそうだ。

official release 2021.01.29

出典元:

ニュースコメント

群雄割拠の決済・送金市場

フィンテック革命により、金融市場全体で革新が進んでいる。中でも決済・送金分野は、数多くのフィンテック企業が関連ソリューションの提供を活発化している一方、顧客満足度の向上を図る既存プレーヤーも、決済サービスの強化に注力している状況だ。直近では、ICM.comがmastercardと提携し、複数の決済手法を容易に利用することができるプリペイドカードとモバイルアプリをリリースした。また、CLSNetにアルファ銀行とFABが加入した他、サンタンデール銀行が1件当たり最大1,000ユーロまで無料で国際送金が可能なクロスボーダー決済プラットフォームである、PagoFXをリリースしている。グローバル決済・送金市場は群雄割拠の様相を呈する中、Alipay(アリペイ)やWeChat Pay(ウィーチャットペイ)などの、中国アプリは米国市場で禁止される見通しだ。今回OANDAが米国企業を対象とした新たな国際送金サービスをリリースしており、今後は同社の顧客利用動向に注目したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・暗号資産に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。