ICM.com、mastercardと提携

2021.01.20作成

2021.01.20更新

ICM.com、mastercardと提携

ソリューション

FX業者 (ブローカー)

新たなプリペイドカードとモバイルアプリをリリース

英国・ロンドンを拠点とする海外FXブローカーであるICM.com(本社:New Broad Street House 35 New Broad St, London EC2M 1NH United Kingdom[1])【以下、ICMと称す】は、新たなプリペイドカードとモバイルアプリのリリースに際し、大手クレジットカード会社であるmastercard(本社:2000 Purchase Street Purchase, NY 10577 U.S.A.[2])とパートナーシップ契約を締結したことを発表した。[3]

今回ICMが新たにリリースしたプリペイドカードは、ICMシルバー(ICM Silver)とICMブラック(ICM Black)の2種類となる。ICMシルバーは多通貨取引に対応している他、複数の決済手法を容易に利用することができるという。プレミアムカードとなるICMブラックは、ICMシルバーの全機能に加え、Careem RidesやAvis Car Rental、及び宿泊予約サイトなどのディスカウントサービスを受けられるとのことだ。加えて、世界900か所を超える空港ラウンジサービスを無制限に利用可能な他、ヨルダン・アンマンのクィーンアリア国際空港(Amman Queen Alia International Airport, QAIA)におけるファストトラックサービスも利用できるという。

またICMは、広範な顧客層に対して利便性の高い旅行サービスを提供すべく、ICM.com mastercardモバイルアプリもリリースした。同アプリはカード管理や多岐にわたる決済手法、取引履歴照会といった使い勝手の良いサービスを提供している。またICMがリリースしたプリペイドカードは、同社のライブ口座と連携することで、取引口座からの入出金にも対応しているという。

両社の提携に際し、ICM.comの創業者兼CEOを務めるShoaib Abedi氏は以下のようにコメントしている。

mastercardと提携することで、我が社は需要高まるトラベルフレンドリーなプリペイドカードを発行できるようになりました。お客様はICMシルバーやICMブラックを活用し、安全性の高いグローバル取引や様々な無料サービスに加え、取引口座と連携することで、旅行の際に便利な資金サービスも利用できます。

Shoaib Abedi, CEO and Founder of ICM.com - ICM.comより引用

2020年9月、ICMはイングランドプレミアリーグに所属するニューカッスル・ユナイテッド(Newcastle United)と提携し、ブランド力の向上を模索している。そして今回、同社はmastercardと提携し、決済やモバイル機能を強化することで、更なる顧客基盤の拡大が期待できそうだ。

official release 2021.01.20

出典元:

ニュースコメント

利便性の追求が顧客獲得のカギ

サービスのデジタル化やニーズの変化に伴い、顧客基盤の拡大を図る金融サービスプロバイダー各社にとっては、利便性の向上が一つのキーワードになっている。今回、ICMはmastercardと提携し、取引口座からの入出金や、旅行の際に便利な様々な機能が付帯した利便性の高いプリペイドカードを発行することで、世界中に広がる旅行ニーズを抱えた潜在顧客の囲い込みを図っていると推察される。また、ICMは最大500万ポンド補償する保険サービスの提供を開始するなど、使い勝手の良さを積極的にアピールしている状況だ。他方で、多くの金融サービスプロバイダーが、利便性向上につながるソリューションの提供を推進している。例えば、サンタンデール銀行がスペインでPagoFXをリリースした他、HotForexがPayRetailersと提携し、効率的な決済ソリューションの提供を試みている。利便性の追求が顧客獲得のカギとなる中、金融サービスプロバイダー各社が、取引や決済分野などにおいて画期的なソリューションを提供することに今後も期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・暗号資産に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。