ActivTrades、ルクセンブルクでライセンスを取得

2020.12.28作成

2020.12.28更新

ActivTrades、ルクセンブルクでライセンスを取得

ソリューション

FX業者 (ブローカー)

ブレグジット移行期間終了後のスムーズなサービス移行を模索

英国・ロンドンを拠点とする海外FXブローカーのActivTrades(本社:1 Thomas More Square London E1W 1YN United Kingdom[1])は、ブレグジットの移行期間終了後におけるスムーズなサービス移行を図るべく、傘下のルクセンブルク法人であるActivTrades Europe SA(登録番号:B232167)がライセンスを取得したことを発表した。[2]

ActivTradesは、既に拠点を設けているイタリア・ミラノとブルガリア・ソフィアに併せ、ルクセンブルク法人もサービスの提供を開始することで、欧州顧客の獲得拡大を目指す方針だ。欧州市場の新たな拠点となる同法人は、ミラノとソフィアオフィスからのサポートを受けるという。一方、英国・ロンドンのシンボルであるタワーブリッジ(Tower Bridge)から程近くに位置する同社の英国法人は、引き続き本社機能を維持し、バハマ・ナッソー(Nassau)オフィスと共に英国及びグローバル顧客へサービスを提供するとのことだ。

ライセンスの取得に際し、ActivTradesのCEOを務めるAlex Pusco氏は以下のようにコメントしている。

ブレグジットの移行期間終了後においても、我が社にとって欧州は常に重要な市場であります。ブレグジットにより、我々は欧州のお客様に最高のサービスを提供すべく新たな拠点の開設を模索しておりましたが、大陸欧州の中心として戦略的なポジションを確立すると共に、金融分野における長年の歴史を誇るルクセンブルクを選択することは合理的と言えるでしょう。

Alex Pusco, CEO of ActivTrades - LeapRateより引用

足元の数ヶ月間において、世界中の金融サービスプロバイダーがブレグジットの影響から欧州顧客を保護するための取り組みを強化している。直近では、Interactive Brokersがアイルランドで新法人を立ち上げた他、Monexがルクセンブルクに新オフィスを開設している。またPepperstoneがCySECよりライセンスを取得し、欧州事業の拡大を模索している。そして今回、ActivTradesがルクセンブルクでライセンスを取得し、大陸欧州向けのサービスを拡充することで、更なる顧客基盤の拡大が期待できそうだ。

official release 2020.12.28

出典元:

ニュースコメント

足元好調なActivTradesの次なる一手に注目

2001年に創業したActivTradesは、140か国を超えるグローバル顧客を対象に、FXやインデックス、コモディティなど、1,000種類以上の金融商品を提供している。取引プラットフォームは同社独自のActivTraderに加え、MetaTrader4とMetatrader5を導入し、幅広い顧客層の獲得を試みている。また、ActivTradesはIBM Cloudが構築したスケーラブルで信頼性の高い取引インフラを導入しており、低レイテンシーのコネクティビティと迅速な取引執行サービスの提供に強みを持つ。同社の平均執行速度は0.004秒以下であると共に、93.6%の取引が注文通りに約定しているという。FX取引サービスに関しては、50種類以上の通貨ペアを0.5pipsからのスプレッドで提供している。ActivTradesの業績動向に目を転じると、2019年度業績は落ち込んだものの、2020年は市場のボラティリティが大きく拡大したことにより、2020年度上半期決算は過去最高を達成している。同社が良好な業績の維持・拡大に向けて如何なるソリューションを提供するか今後も注目したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。