Libertex、トッテナム・ホットスパーと提携

2020.09.14作成

2020.09.15更新

Libertex、トッテナム・ホットスパーと提携

ソリューション

FX業者 (ブローカー)

デジタルチャネルやLED看板を活用したマーケティング活動を実践

キプロスを拠点とする海外FXブローカーのLibertex(本社:Iacovou Tompazi 1, Vashiotis Business Center, 1st Floor Office 101, Neapoli 3107, Limassol, Cyprus[1])は、イングランドプレミアリーグ所属のサッカークラブであるTottenham Hotspur【以下、トッテナム・ホットスパーと称す】とスポンサー契約を締結したことを発表した。[2]

トッテナム・ホットスパーはロンドンを拠点とする強豪サッカークラブの一つであり、国内及び国際大会において数々のタイトルを獲得している。世界中から数多くの有名選手が同クラブに集う中、過去には元日本代表の戸田和幸氏も在籍していた。

2019年8月、Libertexはバレンシアと提携していることから、トッテナム・ホットスパーとの提携は、同社にとって2クラブ目の大型複数年契約となる。Libertexは、トッテナム・ホットスパーが有するデジタルチャネルやLED看板を活用したマーケティング活動を実践していく方針だ。また同社は、トッテナム・ホットスパーのホームスタジアムで限定イベントやプレミアムマッチデーエクスペリエンスを提供していく意向である。

両社の提携に際し、LibertexのCMOを務めるMarios Chailis氏とトッテナム・ホットスパーのパートナーシップ部門ヘッドであるFran Jones氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

我々は、価値観を共有できるサッカークラブと提携したことを大変喜ばしく思っております。我が社がサッカーとトレーディングの世界において、複数年契約を通じてエキサイティングなソリューションを提供できることに興奮しており、トッテナム・ホットスパーがピッチに戻ったときに応援できることを楽しみにしています。

Marios Chailis, Chief Marketing Officer of Libertex - Libertexより引用

テクノロジーと革新性は、我がクラブにとって重要であり、これらのコミットメントを共有するLibertexと提携したことを喜ばしく思っております。

Fran Jones, Head of Partnership of Tottenham Hotspur - Libertexより引用

Libertexは圧倒的な視聴者数を誇るプレミアリーグ所属のトッテナム・ホットスパーと提携することで、更なるコーポレートブランドの向上が期待できそうだ。

official release 2020.09.14

出典元:

ニュースコメント

蜜月関係の金融サービスプロバイダーとサッカークラブ

欧州各国のサッカーリーグが新シーズンを迎える中、金融サービスプロバイダーとサッカークラブのスポンサー契約が続々と成立している。例えば、Samtrade FXがカーディフ・シティと提携した他、DEGIROはボルシアMGとスポンサー契約を締結している。その他にもeasyMarketsがレアル・マドリードと、eToroがASモナコと提携するなど、数多くの金融サービスプロバイダーが、イングランドやスペインなどで構成される欧州5大リーグ所属のサッカークラブとスポンサー契約を締結している。金融サービスプロバイダーとサッカークラブは、それぞれの顧客層が重なっており、スポンサー契約を通じて、金融サービスプロバイダーは効率的にグローバルリーチの拡大を図り、サッカークラブは巨額なスポンサー契約料の獲得が期待できる。まさに両者の思惑が一致する形で、2020-21シーズンも数々の大型契約が成立している状況だ。金融サービスプロバイダー各社が欧州各国のサッカークラブと手を組み、更なる顧客取引の拡大に向けて如何なるソリューションを提供するか今後も注目したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。