FXOpen UK、キプロスの海外FXブローカーAMB Primeを買収

2020.07.17作成

2020.09.15更新

FXOpen UK、キプロスの海外FXブローカーAMB Primeを買収

FX業者 (ブローカー)

欧州事業の拡大を模索

セントクリストファー・ネーヴィスを拠点とする海外FXブローカーFXOpen(本社:P.O.Box 590, Springates East, Government Road, Charlestown, Nevis[1])の英国法人であるFXOpen UKは、キプロスを拠点とする海外FXブローカーのAMB Prime Ltd(本社:38 Spyrou Kyprianou street, CCS Building office no.101, Limassol 4154 Cyprus[2])【以下、AMB Primeと称す】を買収したことを発表した。[3]FXOpen EUと呼ばれる新法人は、8月17日にサービスを開始する見込みだ。

不安定なグローバル金融市場環境下において、FXOpen UKは欧州事業の拡大にコミットしている。同社はキプロス証券取引委員会(Cyprus Securities and Exchange Commission, CySEC)規制下のAMB Primeを買収することで、欧州市場でのプレゼンス拡大に繋げる意向だ。FXOpen UKは取引環境の向上を図るべく、取引プラットフォームと基幹商品の開発に投資を行うという。また、同社はECN方式の取引システムに複数のリクイディティプロバイダー(流動性供給業者)を加え、タイトなスプレッドと豊富な流動性の供給及び手数料の削減を図るとのことだ。

今回の買収に際し、FXOpen UKのCOOであるGary Thomson氏とAMB Primeのディレクターを務めるMaria Markidou氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

AMB Primeを買収したことにより、英国に加えて我が社の注力市場に位置づけられている欧州市場においてプレゼンスを拡大できることを喜ばしく思っております。また規制環境が変化したとしても、我々は欧州のお客様に対してシームレスなサービスを提供できることに加え、個人投資家と機関投資家双方の顧客基盤の拡大を図ることができると考えております。

Gary Thomson, Chief Operating Officer of FXOpen UK - FinanceMagnatesより引用

私は、FXOpen UKの欧州部門ヘッドとして参加できることを喜ばしく思うと共に、お客様とサービス、テクノロジーソリューションを第一に考える、グローバル海外FXブローカーの同社で働くことを楽しみにしております。また同社からの投資を通じて、欧州市場におけるブランド価値とカスタマーエクスペリエンスを向上することができると確信しております。

Maria Markidou, Director of AMB Prime - FinanceMagnatesより引用

尚、他の欧州を拠点とする金融サービスプロバイダー動向に目を転じると、TigerWitがリバプールFCとのスポンサーシップを積極活用する方針を示しているほか、ICM.comが最大500万ポンド補償する保険サービスの提供を開始した。そして今回、FXOpen UKがAMB Primeを買収し、サービスの拡充を図ることで、更なる顧客取引の拡大が期待できそうだ。

official release 2020.07.17

出典元:

ニュースコメント

FXOpen UKの次なる一手に注目

AMB Primeはプロフェッショナルトレーダーやヘッジファンド、ファミリーオフィスなどの広範な顧客層を対象に、FXや金属、CFDといった金融商品を取り揃えている。中でもFX取引サービスに関しては、60種類を超える通貨ペア取引が可能で、ティア1(トップクラス)の銀行やリクイディティプロバイダーを通じた豊富な流動性を供給している。また同社では単一のFIX APIを活用することで、多岐にわたる取引プラットフォームへプライスフィードを統合できるほか、高機能なアグリゲーション(流動性集約)ソフトウェアを利用し、優れたプライシングサービスを提供しているところに特色を持つ。他方で、FXOpen UKがMT5上でECN取引を開始し、革新的なテクノロジーや公正かつ透明性の高い取引サービスを提供している。そして今回、同社が欧州市場に一定のプレゼンスを築くAMB Primeを買収し、顧客基盤の拡大に向けて如何なるシナジーを発揮するか注目したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。