SynOption、FXオプション関連の電子取引プラットフォームをリリース

2020.01.31作成

2020.03.13更新

SynOption、FXオプション関連の電子取引プラットフォームをリリース

シンガポール金融管理局

FX業者 (ブローカー)

向こう数か月の間に積極的に市場参加者の拡大を図る意向

シンガポールを拠点とするフィンテック企業であるSynOption Pte. Ltd.(本社:5 Shenton Way, UIC Building 10-01, Singapore 068808[1])【以下、SynOptionと称す】は、FXオプション関連の電子取引プラットフォームをリリースしたことを発表した。[2]

SynOptionは、シンガポール金融管理局(Monetary Authority of Singapore)【以下、MASと称す】が開始した、革新的な金融商品・サービスに対し、より迅速な市場テストを行うためのプロジェクトであるSandbox Expressへの参加を初めて認可された企業である。SynOptionは、同プロジェクトを通じて、9か月間にわたり規制市場の構築や運営を担うほか、MAS傘下の金融セクター発展基金(Financial Sector Development Fund)から、特別指定プロブラムの実施許可も得ているとのことだ。

SynOptionがリリースした取引プラットフォームは、FX取引を行う機関投資家を対象としており、中央集権的な取引施設において、複数の金融機関からレートの提示を求めるFXオプション取引サービスを提供するという。同社は既に、シンガポールにおいて顧客オンボーディングを開始しており、順調に進捗している模様だ。更に、ティア1(最高クラス)の金融機関やリクイディティプロバイダー(流動性供給業者)と提携し、向こう数か月の間に積極的に市場参加者の拡大を図る意向である。

FXオプション取引プラットフォームのリリースに際し、SynOptionの創業者であるAnchal Jain氏は以下のようにコメントしている。

我が社は、FXオプションというニッチな市場で取引する全ての市場参加者に対し、公正な取引プラットフォームを構築することを目指しております。我々は、投資アイデアの創出から実行へ至るプロセス全体に関与すると共に、流動性の確保に努めることで、お客様のワークフローの効率化を図るサービスを提供しております。電子取引の世界はシンプルな金融商品が占有しており、FXオプションのような複雑なものは、取引量が見劣りしていますが、我々の経験を活かし、FXオプション関連の電子取引を容易にする金融商品の開発を試みております。また、金融商品の拡充とシンガポール市場でのプレゼンス拡大に向け、優秀な人材も募集しております。

Anchal Jain, founder of SynOption - Business Wireより引用

尚、Jain氏はFXオプション市場において豊富な経験を有している。JPモルガンチェースのマネージングディレクターとして、アジアのFXオプション事業を率いていたほか、Balyasny Asset Managementでは、ヘッジファンドポートフォリオマネージャー業務を担っていた。

名だたる金融機関がしのぎを削るシンガポールにおいて、スタートアップ企業のSynOptionがどれだけ顧客基盤を拡大できるか注目したい。

official release 2020.01.31

出典元:

ニュースコメント

流動性の強化は時代の潮流

グローバル機関投資家にとって、先物やオプションなどのデリバティブを活用した取引手法を用いることができるか否かは、リスクヘッジの観点から、投資する金融商品を決断するうえで重要なポイントになっている。そこでSynOptionが、ニッチ市場とされるFXオプション関連の豊富な流動性を確保することに関しては、機関投資家から一定の需要があると推察される。他方で、非常に多くの海外FXブローカーが、流動性関連サービスの強化を図っている状況だ。例えば、GMO英国子会社がPoPサービスを開始したほか、ATFXが機関投資家向け取引プラットフォームをリリースし、低レイテンシーの流動性などを提供している。また、Global PrimeがTradesocioと機能統合し、豊富な流動性の供給を試みている。機関投資家同士が運用パフォーマンスの改善を競い合うなか、流動性の向上を求めるニーズは非常に高いことから、今後もSynOptionのように、フィンテック企業が自ら、もしくは海外FXブローカーと手を組むことで、革新的な流動性関連ソリューションが提供されることを期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。