Gold-i、フィンテック企業conv.rsと提携

2020.03.06作成

2020.03.13更新

Gold-i、フィンテック企業conv.rsと提携

Gold-i

アプリケーション関連

コミュニケーションチャネルの拡大に寄与

取引システム統合専門の金融プロバイダーであるGold-i(本社:10 Medawar Road Surrey Research Park Guilford Surrey GU2 7AE[1])は3月4日、主要メッセージアプリを活用した顧客コミュニケーション関連ソリューションを提供するフィンテック企業のconv.rsと提携したことを発表した。[2]

これにより、conv.rsのパーソナライズされたカスタマーエンゲージメントプラットフォームを活用することで、MetaTrader取引プラットフォームを導入する海外FXブローカーは、Messenger(メッセンジャー)やWhatsApp(ワッツアップ)、Telegram(テレグラム)、WeChat(ウィーチャット)、Line(ライン)などのメッセージアプリを利用した顧客コミュニケーションを実践できるようになるとのことだ。

同社のテクノロジーをMetaTrader4【以下、MT4と称す】やMetaTrader5【以下、MT5と称す】とダイレクトに統合させ、顧客が好みのコミュニケーションチャネルを一度選択することで、海外FXブローカーは、ボットもしくはダイレクトコミュニケーションのいずれかでトレーダーとコンタクトを図ることができるという。尚、conv.rsのボットには中国語や日本語、ベトナム語など50か国以上の言語を自動翻訳する機能が搭載されており、母国語の異なる顧客ともスムーズにコミュニケーションすることが可能とのことだ。

両社の提携に際し、Gold-iのCEOを務めるTom Higgins氏とconv.rsの共同創業者であるEnis Mehmet氏は、それぞれ以下のようにコメントしている。

conv.rsがMetaTraderを利用したテストベッドとして我々を選択したことを喜ばしく思うと共に、同社のソリューションがMetaTraderを導入する海外FXブローカーの顧客コミュニケーションの質を高めると確信しております。若年世代と取引を行う際、ブローカーは電話やeメールなどの伝統的な手法を用いるのではなく、お客様にとって最も利便性の高い方法を採用することが大切です。conv.rsのサービスは、ブローカーがグローバルにビジネス機会を拡大させることが期待できるほか、近年MetaTraderを導入するブローカーが採用するテクノロジーの中で、最も革新的なものの1つであると信じております。

Tom Higgins, CEO, Gold-i - Gold-iより引用

革新性を発揮し輝かしい実績を誇るGold-iは、市場の追随者としてではなくリーダーになるという我が社のビジョンを共有しております。同社は、MT4やMT5との複雑な統合を十分にサポートしてくれました。

Enis Mehmet, Co-Founder, Conv.rs. - Gold-iより引用

Gold-iはconv.rsと手を組み、顧客にとって快適なコミュニケーションサービスを提供することで、更なる顧客満足度の向上が期待できそうだ。

official release 2020.03.06

出典元:

ニュースコメント

取引の利便性向上を推進する金融サービスプロバイダー

フィンテック革命を背景として、人々のライフスタイルが変容するのに伴い、ミレニアル世代を中心にモバイルを活用した取引スタイルが選好されるなど、トレーダーの行動様式も変化を遂げている。このような市場環境下において、Gold-iが顧客コミュニケーションサービスの向上に寄与するソリューションを提供する以外にも、多くの金融サービスプロバイダーが、投資家の利便性向上を図るサービスを開発している状況だ。例えば、ATFXが生体認証を活用した取引口座開設サービスを開始し、デジタルエコノミーに即したセキュリティ基準をもと、迅速な口座開設を実現させている。また、FXStreetがリアルタイム取引シグナルをリリースしたほか、FXCMがTradingViewと提携し、オールインワンの金融プラットフォームの提供を開始した。今後も海外FXブローカーとフィンテック企業が連携することで、トレーディングエクスペリエンスの向上に繋がる革新的なソリューションが開発されることを期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。