NAGA、MT5をリリース

2020.02.19作成

2020.09.15更新

NAGA、MT5をリリース

MetaTrader 5

アプリケーション関連

9つのグローバル証券取引所とダイレクトに接続

ドイツ・ハンブルクを拠点とするフィンテック企業のThe NAGA Group AG(本社:Stadthausbruecke 1-3, 5th Floor, 20355 Hamburg Germany[1])【以下、NAGAと称す】は、トレーディングエクスペリエンスの向上を図るべく、ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corp.【以下、MetaQuotesと称す】が開発したMetaTrader5【以下、MT5と称す】取引プラットフォームをリリースしたことを発表した。[2]

更にNAGAは、ナスダック(Nasdaq)やニューヨーク証券取引所(NYSE)、ロンドン証券取引所(LSE)、香港証券取引所(HKEX)、フランクフルト証券取引所(Börse Frankfurt)マドリード証券取引所(BME)を含む9つのグローバル証券取引所に上場する株式のDMA(Direct Market Access、取引所に直接注文を出す形態)取引サービスも提供するとのことだ。これにより、NAGAの顧客は、世界中の証券取引所に上場する大型銘柄を直接売買することができるようになるという。

NAGAは、MT5と新サービスの提供を通じて、プロフェッショナルトレーダー及び株式投資家などを含む顧客基盤の拡大を図る意向だ。また、MT5を活用することにより、投資のアクセス機能の向上と包括的な金融商品・サービスの提供が期待されている。

MT5及び新サービスの提供開始に際し、NAGAのCEOであるBen Bilski氏は以下のようにコメントしている。

我が社の使命は、投資のアクセス機能の向上と、包括的な機能提供であります。MT5のリリースとグローバル証券取引所での株式取引サービスを開始したことで、我々は全ての主要な機能を統合したオールインワンソリューションを提供できるようになりました。世界的にマルチアセット戦略を採用する傾向が高まっており、投資家もマルチアセットクラスに対応した統合ソリューションを探し求めております。我々は、このような投資ニーズに対応する最も強力な取引システムを提供すべく、高機能が搭載されたMT5を活用することで、FX市場や証券取引所にアクセスし、800種類以上の金融商品取引サービスを提供します。お客様は、フェイスブック(FB)やアップル(AAPL)、アマゾン(AMZN)、ネットフリックス(NFLX)、アルファベット(GOOGL)などの優良株を含む我が社の包括的な金融商品を、単一プラットフォームでダイレクトに取引し、ポートフォリオの分散を図ることができます。

Ben Bilski, CEO of NAGA - MetaQuotesより引用

NAGAは、顧客の利便性向上に繋がるサービスを提供することで、更なる顧客取引の拡大が期待できそうだ。

official release 2020.02.19

出典元:

ニュースコメント

マルチアセット対応を推し進める金融サービスプロバイダー

2015年に創業したNAGAは、フランクフルト証券取引所に上場する新興フィンテック企業だ。2017年には早くもIPOに漕ぎつけ、世界で18番目の規模のトークンセールを実現させるなど、今まさに勢いに乗る金融サービスプロバイダーといえるであろう。同社は、仮想通貨やインデックス、FX、コモディティなどマルチアセットクラスに対応したオールインワンソリューションの提供に強みを持っている。他方、グローバル投資家が単一プラットフォーム上での包括的な金融商品取引サービスを望むなか、多くの金融サービスプロバイダーも、マルチアセットクラスに対応した取引サービスの提供を強化している状況だ。足元では、アヴァトレード・ジャパンがMT5をリリースしたほか、GMEXとDPNがハイブリッド型証券取引所を開設した。更には、INFINOXがIXOをリリースし、取引機能の拡大を図っている。今後も、海外FXブローカー各社が、トレーディングエクスペリエンスの向上に繋がる画期的なソリューションを提供することを期待したい。

プラナカンカン
筆者:プラナカンカン
執筆家&投資家&翻訳家&資産運用アドバイザー
著者詳細

国内及び外資系金融機関に15年弱勤務し、現在は独立。
執筆と翻訳は、海外FXを始めとする金融分野を専門とする。
慶應義塾大学卒

「FXトピックス」 ご利用上の注意

当サイトは為替・FX・仮想通貨に関する情報の提供を目的としています。当サイトは、特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。また、記載の情報は、編集時点で当社が信頼できると判断した情報源をもとに作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

当サイトには、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。

当サイト上のコンテンツに関する著作権は、当社もしくは当該コンテンツを創作した著作者または著作権者に帰属しており、事前の許諾なく、当サイト上のコンテンツの全部または一部を、複製、改変、転載等により利用することを禁じます。